© 2023 by SATOSHOKAN

  • w-facebook
  • Twitter Clean

February 26, 2018

平成16年から14年に渡って参加している日本武道館の、書初め大会。

今年の課題は、中国は唐代の詩人”韋振”の以下の漢詩です。

 「 林外雪消山色静 窓前春浅竹聲寒 」

早春らしい萌黄色の布の軸装としました。柄は竹にしましたよ。

武道館での席書本番のものでなく、出来が良かった12月の練習時のものにしましたよ。

February 25, 2018

毎年、青山で書道展を開催しております書道仲間「墨遊楽」。

その「墨遊楽」大先輩より、古く趣のある硯箱をいただきましたよ!

ありがとうございました。

大切に使います。。。

February 25, 2018

夏目漱石の以下の俳句を、筆ペンで書いてみましたよ!

  「相逢ふて 語らで過ぎぬ 梅の下」

春は卒業の季節、恋人たちにもそれぞれの進む道を歩むことになり、

いろんな思いがあって、ことばがなかなか出てこない状況なのかな~って。。。

February 24, 2018

西麻布(六本木)の象寛書道教室の生徒さん達、今週の作品から!課題は、杜牧の有名な漢詩「山行」の一節からです!

行書らしいやわらかな筆致で、上手に書けました。

この調子で、がんばりましょう。

February 22, 2018

土屋文明の以下の和歌を、”かな”で書いてみましたよ!

 「 岩むらは 冬の林と見るまでに 天にそばだつ 夕雲のなか 」

February 21, 2018

先日、虎の門の象寛書道教室がある老舗の呉服屋「丁子屋」さんから、てぬぐいのデザインとして、小野小町の百人一首の一節を、仮名で書いてほしいと依頼があり、出来上がった手ぬぐいをいただきましたよ。

桜色のベースに、桜の花びらが舞っており、中央に置かれた扇子に、わたしの仮名文字が書かれております。

 ” はなのいろは・・・ ”

と書きました。変体仮名は、以下です。

 ” 者那乃以楼盤 ”

ちょっと、粋でしょ。。。

February 21, 2018

虎ノ門の象寛書道教室の生徒さん達、今週の作品から!

課題は、行書で「余寒」です。

立春も過ぎ、昨日は二十四節季の1つ「雨水」でしたね。

でも、まだまだ寒い日もあり、このように暦の上では春なのに、寒さが後をひく

ような気候をいいます。

行書らしい流れのある、凛としたいい字です。

この調子で、がんばりましょう。

February 20, 2018

ペン字の全日本ペン書道展に向けて検討を始めましたよ!今年は、伊勢神宮でインスピレーションを受けてきましたので、古事記の天照大御神に関する記載部分を、書きとめようと思ってます!

あくまで練習段階ですが、まずは、天照大御神に関する記載のある段落を、書き出してみました。全体で約1200文字でした。

記載内容は、要約しますと以下のとおりです。

イザナギの命が、黄泉の国から現世に戻ってきたときに禊ぎをしたとき、左の目を洗ったときに成った神が、”天照大御神”であること。三貴神の”須佐之男命”の悪行に嫌気をさした”天照大御神”が、天の岩戸にお隠れになっ...

February 18, 2018

藤野君山の漢詩「寶船」を半紙に行書体で、書いてみましたよ!

意味は、「波が穏やかな海に、陽が燦々と昇り、遥か彼方より「寶」の字を書いた錦の帆を

掲げた船がやってくる。同乗するのは、七福神で皆、笑いをたやさずに居る。金銀の財宝を

摘みこんだ船である。」

七言絶句として半紙に体裁よく、書くことは結構難しいんですよね。。。

今年も、みなさまにとって、良き年でありますように。。。

February 16, 2018

立春は過ぎたものの、寒い日が続きます。そんなこの頃を、気づかう手紙の文章を、筆ペンで書いたお手本を準備しましたよ!

作製枚数が、結構あるものですから、原紙を1枚書いて、コピーしましたよ。

原稿は、通常のコピー用紙ですので、和紙以上に、筆先が乱れていないものを使用して、丁寧に書きあげましたよ。

Please reload

Featured Posts

西麻布(六本木)の象寛書道教室、12月の開催日は、変更になりまして、12月12日と、12月19日です!

November 24, 2019

1/6
Please reload

Recent Posts