top of page
検索
  • 執筆者の写真佐藤象寛

国分寺の書道教室「書を楽しむ会」の生徒さん達、今週の作品から!明治~昭和を生きた俳人、大竹孤悠の俳句「石あれば せかるる流れ 梅光る」です。

国分寺の書道教室「書を楽しむ会」の生徒さん達、今週の作品から!

明治~昭和を生きた俳人、大竹孤悠の俳句「石あれば せかるる流れ 梅光る」です。


ちらし書きもバッチリで、1つ1つの字もしっかりして上手に書けました。


この調子で、がんばりましょう!




閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page