top of page
検索
  • 執筆者の写真佐藤象寛

国分寺の書道教室「書を楽しむ会」土曜日コースの生徒さん達、今週の作品からです!百人一首は2番目、持統天皇の「春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山」です。

国分寺の書道教室「書を楽しむ会」土曜日コースの生徒さん達、今週の作品からです!


百人一首は2番目、持統天皇の「春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山」です。


連綿体も自然で、上手に書けました。


ただ、それぞれの字が、少し右上がりぎみですので、各字の最後の部分を、すこし右下まで落としてやると、安定した印象の字となり、更に良くなりますよ!


この調子で、がんばりましょう!


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page