top of page
検索
  • 執筆者の写真佐藤象寛

国分寺の書道教室「美文字の会」の生徒さん達、今週の作品から!百人一首は22番目、文屋康秀の「吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を あらしといふらむ」です。

国分寺の書道教室「美文字の会」の生徒さん達、今週の作品から!


百人一首は22番目、文屋康秀の「吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を あらしといふらむ」です。


作者の名前が、左にある散らし書きのケースですね。

連綿も自然で、上手に書けました。


この調子で、がんばりましょう!




閲覧数:2回0件のコメント
bottom of page