検索
  • 佐藤象寛

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さんたち、今週の作品から!百人一首のNo.20、元良親王の「わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ」です!

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さんたち、今週の作品から!


百人一首のNo.20、元良親王の「わびぬれば 今はた同じ 難波なる みをつくしても 逢はむとぞ思ふ」です!


全体の散らし書きの配置も、ばっちりで、連綿も自然な流れで、よく書けました。

あと、もっと良くするならば、墨の渇潤をしっかり表現することでしょうか。


この調子で、がんばりましょう!


閲覧数:0回0件のコメント