検索
  • 佐藤象寛

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さんたち、今週の作品から!百人一首のNo.6、中納言家持の「鵲の 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける」からです!

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さんたち、今週の作品から!


百人一首のNo.6、中納言家持の「鵲の 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける」からです!


散らし書きの配置も、それぞれも文字のバランスもよく、上手に書けました。

特に、「し」や「に(耳)」など、長い筆跡を有する文字が、うまくなりましたね。


この調子で、がんばりましょう!


0回の閲覧0件のコメント

© 2023 by SATOSHOKAN

  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン