検索
  • 佐藤象寛

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さんたち、今週の作品から!百人一首は、29番目、凡河内躬恒の「心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花」です!

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さんたち、今週の作品から!


百人一首は、29番目、凡河内躬恒の「心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花」です!


全体的に散らし書きの配置も良く、上手に書けました。

ただ、少し漢字が堅いような気がしますので、もう少しやわらかく書くと更に良くなりますよ。


この調子で、がんばりましょう!


閲覧数:1回0件のコメント