検索
  • 佐藤象寛

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さん達、今週の作品から!百人一首は、33番目、紀友則の「久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」です。

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さん達、今週の作品から!


百人一首は、33番目、紀友則の「久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」です!


連綿も自然で、上手に書けました。


ただ、各行が、左に流れる傾向にあるので、真っ直ぐ下、或いは少し右に寄るようにすると、更に良くなりますよ!


この調子で、がんばりましょう!


0回の閲覧0件のコメント