検索
  • 佐藤象寛

国立教室のロシア人生徒さんが、この程「合気道教室」をモスクワに開講することになり、道場に掲げる掛け軸を書きましたよ。言葉は、「爽気淡心神」です。真心を込めて書きましたよ。

国立教室のロシア人生徒さんが、3年前にモスクワに帰られたのですが、合気道を長年やってまして、この程「合気道教室」をモスクワに開講することになりました。


そこで、道場に掲げる掛け軸を頼まれましたので、書きましたよ。


言葉は、「爽気淡心神」です。生徒さんのご指定です。さすが、良く知ってますよね!いい言葉です。真心を込めて書きました。


せっかくなので、晴れ着用の風呂敷に包んで、お手紙をつけて、お送りしましたよ。


モスクワの地で、合気道の立派な先生となって、剛健でありながら、礼儀正しい元気な若者たちを、育んでください。



4回の閲覧0件のコメント