検索
  • 佐藤象寛

桜も散り、若葉が目に映り始め、気持ちの良い季節になってきました。新古今和歌集は二条院讃岐の次の和歌を、書いてみましたよ。「山高み 峰の嵐に散る花の 月に天霧る 明方の空」

桜も散り、若葉が目に映り始め、気持ちの良い季節になってきました。


新古今和歌集は二条院讃岐の以下の和歌を、書いてみましたよ。


「山高み 峰の嵐に散る花の 月に天霧る 明方の空」


"明方、山の峰のあたりで、嵐によって桜が散って、月が霧のように霞んで見える"という、幻想的な情景が浮かんできます。





閲覧数:0回0件のコメント