検索
  • 佐藤象寛

唐時代の詩人「岑参」の漢詩を、隷書で書いてみました!


唐時代の詩人「岑参」の漢詩を、隷書で書いてみました。

詩の内容を以下に書きました。

 此地會居住 今来宛似歸

 可憐汾上柳 相見也依依

意味は、以下のようです。

「此の地は、かつて私が住んでいたところであった。今、ここに帰ってきた。

柳が可憐な美しさを露呈している。ああ、ここで巡りあうと、離れがたくなるものだ。」

長らく還っていない故郷を、年を経て訪れたときの感傷なのかもしれませんね。。。


0回の閲覧

© 2023 by SATOSHOKAN

  • w-facebook
  • Twitter Clean