検索
  • 佐藤象寛

芥川龍之介の詩「相聞」を、ペン字で書いてみました!


今日は、関東地方も梅雨入り、うっとうしい季節の到来です。

水無月を、芥川龍之介が詠んだ詩「相聞」を、つけペンで書いてみました。

 「 また立ちかへる   水無月の  

   歎きを誰に      語るべき

   沙羅のみづ枝に  花さけば

   かなしき人の    目ぞ見ゆる 」

意味は、以下です。

 「 以前、お会いした6月が、また、やってきました。

   あの時の、恋の歎きを誰に語ればいいのだろう。

   沙羅のみずみずしい枝に、花が咲くと、

   未だに恋しい、あの人の目が、浮かんでくる。。。 」


26回の閲覧

© 2023 by SATOSHOKAN

  • w-facebook
  • Twitter Clean