検索
  • 佐藤象寛

"残暑お見舞い申し上げます!" ~唐時代の詩人、柳宗元の漢詩の一節を添えて~


”残暑お見舞い申し上げます!”

風鈴と、入道雲の墨絵に、柳宗元の以下の漢詩(夏中の偶作)の一節を添えました。

 南州溽暑酔如酒

 隠几熟眠開北牖

 日午独覚無余聲

 山童隔竹敲茶臼

読み方は、以下です。

 南州溽暑酔えること酒の如し

 隠几熟眠北牖開く

 日午独り覚む余声無し

 山童竹を隔てて茶臼を敲く

青いござの上に、大の字になって、昼寝をしている上を、時おり風鈴を鳴らして

風が通り過ぎ、目覚めると窓には、入道雲がモクモクと・・・

誰もが、幼いころの記憶にある、情景ではないでしょうか。。。


0回の閲覧

© 2023 by SATOSHOKAN

  • w-facebook
  • Twitter Clean