検索
  • 佐藤象寛

鎌倉時代の歌人「宮内卿」の和歌から ”しぐれつる このした露は おとづれて 山ぢの末に 雲ぞなりゆく”


鎌倉時代の歌人「後鳥羽院宮内卿」の以下の和歌を書きました。

 ”しぐれつる このした露は おとづれて 山ぢの末に 雲ぞなりゆく”

意味は、以下です。

 ”時雨がのこした露が、木の下につたって、したたる音が聞こえる。

  見ると時雨を降らせた雲は、山の末遠くになってゆくところである。”

今の季節は、ひと雨ごとに寒くなってゆきます。

情景が目に映るような和歌ですよね。。。

変体仮名は、次のとおりです。

 ”し久禮つる 木の下露者 おと川連て 山路の春ゑニ 久毛所那りゆく”


0回の閲覧

© 2023 by SATOSHOKAN

  • w-facebook
  • Twitter Clean