検索
  • 佐藤象寛

サトウハチローの詩「よそ行きの顔はきらい」の一部をご紹介します!(筆ペン字)


ペン字のテキストに、いい詩がありましたので、ご紹介します。 サトウハチローの「よそ行きの顔はきらい」です。 ”雑草が好きなんです。 よそ行きの顔をしていないからです。 とりすましたところがないからです。 勝手気ままにしているからです。” これ以後、「花をつけてもちいさい花・・・それがまた、性に合うんです・・・」と。 そして、最後には「雑草が好きです。せいいっぱい。生きているからです。おもいおもいに、伸びようとしているからです。・・・」と。


53回の閲覧0件のコメント