検索
  • 佐藤象寛

国分寺の書道教室「書を楽しむ会」の生徒さん達、今週の作品から!


国分寺の書道教室「書を楽しむ会」の生徒さん達、今週の作品から!

江戸時代から明治時代を生きた俳人、中村楽天の俳句です。

 ” 立冬や 柚熟れている 百姓家 ”

漢字と平仮名が、上手に大きさを配分していて、ながれもあって

うまくかけています。特に、「や」の字や、連綿のところが上手です。

この調子で、がんばりましょう。


1回の閲覧

© 2023 by SATOSHOKAN

  • w-facebook
  • Twitter Clean