検索
  • 佐藤象寛

日本武道館の席書大会で、「日本武道館賞」をいただきました、藤原良経の短歌を書いた”かな”の掛け軸が、届きました!


日本武道館の席書大会で、「日本武道館賞」をいただいた”かな”の掛け軸が、届きました!

課題は、以下の藤原良経の和歌です。

 「 み吉野は 山もかすみて白雪の ふりにし里に 春は己に来にけり 」

残念だあったのは、軸装後の作品に、黒いしみが目立っていたことです。

おそらく、席書時、作品をスタッフが集めるときに、下の作品が未だ渇いていないうちに、小生の作品を

上に重ねてしまって、墨が滲んでしまったと、考えられます。

他の方も、このような不快な感情をいたくことがないよう、日本武道館には、クレームを上げておきました。


0回の閲覧

© 2023 by SATOSHOKAN

  • w-facebook
  • Twitter Clean