検索
  • 佐藤象寛

平安時代の歌人「壬生忠岑」の和歌「春来ぬと 人はいへども 鶯の 鳴かぬかぎりは あらじとぞ思ふ」を書いてみました!


平安時代の歌人「壬生忠岑」の次の和歌を、書いてみました!

 「春来ぬと 人はいへども 鶯の 鳴かぬかぎりは あらじとぞ思ふ」

意味は、以下です。

 「春が来たと人々は言うが、鶯が鳴かない限りは、まだ春は来ていないと思うのだ」

わたしの感じですと、鶯は春が来た時点ではなく、もっと、どっぷり春蘭満の状態で

鳴いている感触があります。

ですので、わたしにとっては、鶯よりもヒバリが鳴くと、ああ、もう春なんだなぁ~と感じる

んです。

みなさんは、どうでしょうか。。。

変体仮名は、以下のとうりです。

 「春きぬと 人者いへ登も 鶯の 那可努可支利者 安らしと曽思ふ」


38回の閲覧0件のコメント

© 2023 by SATOSHOKAN

  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン