検索
  • 佐藤象寛

西麻布(六本木)の象寛書道教室の生徒さん達、先週の作品から!現在、”かな”を学んでいる生徒さんの作品です!


西麻布(六本木)の象寛書道教室の生徒さん達、先週の作品から!現在、”かな”を学んでいる生徒さんの作品です!

課題は、大橋越央子の以下の俳句からです。

 「 山荘の 五月の暖炉 焚かれたり 」

行書らしい流れのある、よい作品となりました。

90%字を小さくして、「暖炉」と「焚かれ」の間を、もう少し広げると

更に良くなりますよ。

この調子で、がんばりましょう。


1回の閲覧

© 2023 by SATOSHOKAN

  • w-facebook
  • Twitter Clean