検索
  • 佐藤象寛

夏目漱石の俳句「相逢ふて 語らで過ぎぬ 梅の下」を、筆ペンで書いてみましたよ!


夏目漱石の以下の俳句を、筆ペンで書いてみましたよ!

  「相逢ふて 語らで過ぎぬ 梅の下」

春は卒業の季節、恋人たちにもそれぞれの進む道を歩むことになり、

いろんな思いがあって、ことばがなかなか出てこない状況なのかな~って。。。


5回の閲覧0件のコメント

© 2023 by SATOSHOKAN

  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン