検索
  • 佐藤象寛

白楽天の漢詩「氷消見水多於地雪霽望山尽入楼」を行草体で書いてみましたよ!


白楽天の以下の漢詩を、行草体で書いてみましたよ!

「氷消見水多於地雪霽望山尽入楼」

読み方は、以下です。

「氷消えて水を見れば、地よりも多し 雪霽(は)れて山を望めばことごとく楼に入る 」

春、晴れた空に映る雪山の、すがすがしい姿が、浮かんできます。


5回の閲覧

© 2023 by SATOSHOKAN

  • w-facebook
  • Twitter Clean