検索
  • 佐藤象寛

日本武道館の書初め大会では、万葉集は志貴皇子の「石走る 垂水の上の早蕨の 萌え出づる春に なりになるかも」を席書しましたよ!


昨日の日本武道館の書初め大会で揮毫しましたが、自宅で練習した同じものです。

課題は、万葉集から志貴皇子の有名な以下の短歌でした。

「石走る 垂水の上の早蕨の 萌え出づる春に なりになるかも」

変体仮名は、以下です。

「移ハ者しる 堂る三濃上の さ王ら日乃 もえい川る春二 那利二介る可毛」

余白をしっかりとって、バランスよく配置することを考えました。


3回の閲覧0件のコメント

© 2023 by SATOSHOKAN

  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン