検索

贈り物として、扇子を準備しましたよ。外国人の方に、贈るので、言葉は日本らしく「至誠」にしてみましたよ!

今月、日本を離れる知り合いの贈り物として、扇子を準備しましたよ。外国人の方に、贈るので、言葉は日本らしく「至誠」にしてみましたよ! 行書で、いかにも書道って感じの字にしてみました。。。 でも、なんかの番組で、外国人の好きな漢字は、左右対称だったと思います。 すると、あれれ、この言葉で大丈夫。。。?

府中の生徒さん達、今週の作品から!

府中の生徒さん達、今週の作品から。 ”かな”を学んでいるのですが、今回の課題は、「ふるさと」です。 細かいようですが、「る」の最初の筆の入れ方、「佐」のにんべん部分を もう少し太く、すると更に良くなりますよ。 この調子で、がんばりましょう。

通信コース選択の生徒さん、今週の作品から!”暑中見舞い申し上げます”

通信コースで、ペン字コース選択の生徒さん、今週の作品から! 今回の課題は、行書で、「暑中お見舞い申し上げます」です。 草書体も、一部取り入れていますので、行草体でしょうか。 全体のレイアウト、連綿の仕方、漢字とひらがなとのバランスなど、 すべてうまくいっていて、上手に書けました。 「書」は、実用することが、一番の上達の早道と思っています。 ですので、今年は、手書きの暑中見舞いを、書いてみては如何。。。

国分寺の書道教室「書を楽しむ会」では、団扇に思い思いの言葉を書いてみましたよ!

国分寺の書道教室「書を楽しむ会」では、団扇に思い思いの言葉を書いてみましたよ! 予め用意した言葉リストから、好きな言葉を選んで、団扇に書いてみましたよ。 団扇に書くとなると、通常の書道以上に、余白の配分や、墨継の場所、字の傾きなど、 すごく練習になるんですよ。。。 こちらの生徒さんの書いたのは、「自灯明」です。 三文字間の配置や、それぞれの字の特徴付けなど、良くできました。 禅語で、まさに字のとおりで、自らの置かれた環境が、自分にそぐわない場合でも、 自らが率先して、改善してゆく意志を持ちなさいということです。 不満ばっかり言っててもダメ、自らが先頭に立ってやるぐらいでないとっていうことですよね。。。

浅草神社の提灯が、オシャレな文字で、書かれていましたよ。。。!

今週の金曜日、友人と、浅草の老舗のおでん屋さんで、一杯やったのですが、 その途中でありました、浅草神社の提灯が、オシャレな文字で、書かれていましたよ。。。! 書かれていたのは、「夏詣(なつもうで)」。 なんだか、隷書体っぽくて、洗練されたイメージですよね。

吉祥寺カルチャーセンターの「子供書道・硬筆教室」の生徒さん達、先週の作品から!

吉祥寺カルチャーセンターの「子供書道・硬筆教室」の生徒さん達、先週の作品から! 年長さん(5才)の生徒さんの作品です。 なかなか大人でも、平仮名は、苦手という方が、たくさんおられます。 でも、ここで書かれた作品は、ひらがならしい柔らかで、おおらかな字となっていて よくできました。 この調子で、がんばりましょう。

通信コース選択の生徒さん、今週の作品から!

通信コース選択の生徒さん、今週の作品から! 課題は、行書で超孟頫の作品の一節からです。 行書らしくやわらかな筆致で、それぞれの字の形もよく掴んで 、上手に書けました。 「榮」の字の、冠部分は、もう少し間をつめた方が良いと思います。 この調子で、頑張りましょう。

昨日、お邪魔した府中の光明院さんには、きれいな蓮の花が、咲いていましたよ!

昨日は、府中の光明院さんにお邪魔したのですが、弁天様のところには、きれいな蓮の花が、咲いていましたよ! なんか、うっとり見とれてしまいますね。。。 朝がきれいだと思うのですが、お邪魔した昼ごろの時間でも、未だきれいに咲いていました。 弁天様にも、ちゃんとお参りしてから、蓮の花をながめさせていただきました。。。

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さん達、今週の作品から!草書にチャレンジしてみましたよ!

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さん達、今週の作品から!草書にチャレンジしてみましたよ。 これ草書体なのですが、何と読むかおわかりでしょうか。。。 そうです、「蝉時雨」です。 草書らしい丸みと、一部の直線、それに勢いがあって、良く書けています。 この調子で、がんばりましょう。

今年も、”和の年賀状”に作品を出させていただいたのですが、提出しなかった作品は、こちらです。。。戌年ですので、ミニチュアロングダックスを描いてみましたよ。。。!

今年も、”和の年賀状”の作品提出が、6月E〆切でございました。 しかし、一部、提出しなかった作品がございますので、ご紹介いたします! 戌年ですので、、ミニチュアロングダックスを描いてみましたよ。。。! なんか、ちょっと、ぬいぐるみ感が強くなってしまいましたね。。。(笑)

今年も、"暑気払い DE 書道!”を、中野セントラルパークで、楽しみましたよ!

例年、行っています"暑気払い DE 書道!”を、今年も、中野セントラルパークで、楽しみましたよ! 当初は、午後4時から、書道をしまして、その後、乾杯の予定でしたが、昼間のあまりの暑さに、 予定を変更し、みんなで乾杯してから、書道をすることにしました。 結果、みなさん、ワイワイ楽しみましたが、書道は予想通り、することができませんでした。。。 ですので、今回の反省から、次回は、陽が落ちてから書道をしまして、それから乾杯が いいかな。。。

西麻布(六本木)の象寛書道教室の生徒さん達、今週の作品から!

西麻布(六本木)の象寛書道教室の生徒さん達、今週の作品から! 課題は、「少年老い易く、学成り難し・・・」で、あまりにも有名な朱熹の漢詩の一節からです。 「寸」の字は、画数も少なく、難しいのですが、よくできました。 「光」の足の部分の、右側を、もう少し左に寄せると、更によくなりますよ。 この調子で、がんばりましょう。

月に一度のパイプオルガンコンサート、今日も聖カテドラル教会で、癒されてきましたよ!

今日は、月に一度の大切な日、聖カテドラル教会で、パイプオルガンの音色で、癒されてきましたよ! まさに、「抜けるような青空」とはこのこと、雲ひとつない、快晴の青空が広がっていました。 なんか、聖カテドラル教会に行く日は、快晴の日が多いようなきがするんですよね。。。

今は、小野鵞堂を臨書して、学んでおります!日々是勉強でございます。。。

今は、小野鵞堂を臨書して、学んでおります! 漢詩の内容は、「白居易」のものから、引用されていました。 小野鵞堂のお手本は、特にクセがあるわけでもなく、非常に分かりやすい ものでした。 草書の王道を逸脱するような字は見受けられませんでしたよ。 日々是勉強でございます。。。

国分寺の書道教室「書を楽しむ会」の生徒さん達、今週の作品から!

国分寺の書道教室「書を楽しむ会」の生徒さん達、今週の作品から。 七夕にちなんで、短冊に好きな言葉を書く練習をしましたよ。 「和気致祥」、どんな意味かご存じでしょうか? ”穏やかな気持ちで、いると、幸せは訪れる”ということです。 驚きなのは、普段は、まだ、楷書を学んでいる生徒さんなのですが、 今回の短冊では、チャレンジで、行書にトライしたのです。 いや~、線の強弱や、字形の柔らかさなど、行書らしく良く書けています。 特に、「致」は、行書を学んでいる人並みに、上手にできました。 この調子で、がんばりましょう。

お孫さんの命名書を、真心をこめてお送りしましたよ!健やかな成長を、心よりお祈りいたします!

先日、知り合いにお孫さんが、誕生されたとのこと、命名書を、真心をこめてお書きしましたよ! お名前の他、ご夫妻のお名前と、お誕生年月日、それに、裏面には、お誕生された病院や、体重の 情報も、加えてお書きしました。。。 健やかなご成長を、心より、お祈りいたします。

吉祥寺カルチャーセンターの「子供書道・硬筆教室」の生徒さん達、今週の作品から!

吉祥寺カルチャーセンターの「子供書道・硬筆教室」の生徒さん達、今週の作品から! 小学5年生の生徒さんの作品です。 とめ・はねをしっかりしていいて、良く書けました。 ただ、「別」の最終画を、もう少し、真直ぐ垂直に書くと、更によくなりますよ、 この調子で、がんばりましょう。

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さん達、今週の作品から!

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さん達、今週の作品から! 課題は、草書で、「浴衣の帯」です。 墨継ぎの箇所や、草書らしい筆運びも、かたくならずに出来ていて 良く書けました。特に、「衣」の字の、3画目を、外側に大きく跳ね上げて おり、上手です! この調子で、がんばりましょう。

虎ノ門の象寛書道教室の生徒さん達、今週の作品から!

虎ノ門の象寛書道教室の生徒さん達、今週の作品から! 今週は、七夕ということもあって、短冊に好きな言葉を書く練習をしましたよ。 この生徒さんが、選んだ言葉は、禅語としても有名な以下の言葉です。 「佛心、満月の如し。」 5文字を、体裁よくまとめました。 ちょっと、硬い感じがしますので、もう少し、やわらけく書けるともっと、良く なりますよ。 この調子で、頑張りましょう!

明日は七夕、吉祥寺カルチャーセンターの「子供書道・硬筆教室」の生徒さん達は、短冊に自分の夢を書きましたよ!

明日は七夕、吉祥寺カルチャーセンターの「子供書道・硬筆教室」の生徒さん達は、短冊に自分の夢を書きましたよ! みんな、思い思いの夢を書いてくれましたよ。 短冊に真直ぐ、書くって難しいですよね。。。 アクアスロンとは、トライアスロンから自転車競技を抜いた、2種競技のことなんですね。 勉強になります。 みんな、それぞれの夢に向かって、がんばりましょうね。。。

© 2023 by SATOSHOKAN

  • w-facebook
  • Twitter Clean