検索
  • 佐藤象寛

仏教詩人の坂村真民の誌を、書いてみましたよ!「一字一輪」より。字も花も、1つ1つに魂があるということですね!このパワーは、花も字も、ともにふれ合っている周囲に対して、良い影響を与えてゆくんですね!

明治時代に生まれ、平成時代に亡くなるまで、四時代で活躍した仏教詩人、坂村真民の誌を、書いてみましたよ!


”字は一字でいい

一字にこもる

力を知れ


花は一輪でいい

一輪にこもる

命を知れ”


「一字一輪」より


字を書くことを仕事としているせいか、常々、わたしは字や言葉には”言霊”というものがあると信じています。


字も花も、1つ1つに魂があるということですね!

このパワーは、花も字も、ともにふれ合っている周囲に対して、良い影響を与えてゆくということなんでしょうね。。。



13回の閲覧0件のコメント