top of page
検索
  • 執筆者の写真佐藤象寛

虎ノ門の象寛書道教室の生徒さん達、今週の作品から!百人一首は、19番目、伊勢の「 難波潟 みじかき葦の ふしの間も あはでこの世を 過ぐしてよとや 」の上の句からです。

虎ノ門の象寛書道教室の生徒さん達、今週の作品から!


百人一首は、19番目、伊勢の「 難波潟 みじかき葦の ふしの間も あはでこの世を 過ぐしてよとや 」の上の句からです。


漢字とかなの大きさのバランス、連綿の自然さなど、上手に書けました。


この調子で、がんばりましょう!


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page