検索
  • 佐藤象寛

韋応物の春の漢詩の一節「春潮帯雨・・・」を行書で書いてみました!


日本武道館の書き初め大会で、席書に臨んだ課題です。

韋応物の以下の漢詩を行書で書いてみました。

 「 春潮帯雨晩来急 野渡無人舟自横 」

読み方は、以下です。

 「 春潮 雨を帯びて晩来急なり 

   野渡 人無く 舟自ら横たわる 」

意味は、次のとおりです。

 「 春の川の流れは、日暮れとなってますます急になり

  渡り場には、人の姿は無く、舟だけが横たわっている 」

風景の描写を、見事に表わした一句です。。。


35回の閲覧

© 2023 by SATOSHOKAN

  • w-facebook
  • Twitter Clean