検索
  • 佐藤象寛

府中の生徒さんたち、先週の作品から!


府中の生徒さんたち、先週の作品から。

七夕ということもあり、短冊に書いてみました。

芭蕉のあまりにも有名な俳句「 夏草や 兵どもが ゆめの跡 」です。

短冊で、俳句を書くときは一行で書くことが多いです。

かなの連綿を取り入れて、漢字かな混じり文をうまくまとめました。

墨つぎをもう少し考えて、一句目と三句目で墨つぎして、二句目は多少かすれ

るようにすると、味が出てもっと、良くなりますよ。。。

この調子で、頑張りましょう。


0回の閲覧

© 2023 by SATOSHOKAN

  • w-facebook
  • Twitter Clean