検索
  • 佐藤象寛

夏休み、熊野古道で、語り部としてお世話になりましたヨッシーさんに、彼自作の詩を、色紙に書いてお贈り致しましたよ!


夏休みに、今回、熊野古道を巡ったわけですが、現地で、語り部として、お世話になったのは、ヨッシーこと水本好則さんです。

ヨッシーは、熊野古道に関するお話を、ご自身の経験や、文学・音楽・自然科学と豊富な知識をベースに、わたしたちに、常に解かりやすく、語りかけてくれました。

そのヨッシーは、ご自身で作られたお気に入りの以下の詩がございました。

 「  自然が作った楽譜のない名曲を

   風の中に聴きながら

   頭の上には、天を感じて

   足の下には、大地を感じて

   光の中、風の中

   熊野という宇宙の波に

   出会いに来ています 」

熊野の宇宙観を、端的に、そして、耽美的に表現された、素晴らしい詩と思います。

この詩を、色紙に書いて、お贈りしました。

黒のバックが、詩に出てきます「宇宙」の言葉にピッタリで、いい感じでしょ。。。

また、熊野古道を訪れるときには、語り部は、ヨッシーにお願いしたいと思っています。


9回の閲覧0件のコメント

© 2023 by SATOSHOKAN

  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン