検索
  • 佐藤象寛

国立の書道教室「墨遊会」の生徒さん達、今週の作品から!課題は、貝原益軒の有名な著書のタイトルでもあります。。。


国立の書道教室「墨遊会」の生徒さん達、今週の作品から。

課題は、「養生」です。

貝原益軒の名著「養生訓」には、こうあります。

 ” 養生の術は、

   心を静かにし

   身を動かすを良しとす ”

心を静かにすることは、現代のストレス社会では、なかなか難しい

かもしれません。

しかし、わたしの好きな中国の詩人「陶淵明」は、こう言っています。

”心遠ければ、地自(おのず)から偏(へん)なり”

即ち、環境がどうあれ、自分の精神の置きどころと、持ち方をしっかり

すれば、今の置かれている環境も、そこからは遠くかけ離れたところ

に、あたかも在るようになると。こうありたいものです。。。

さて、今回の作品は、墨のたっぷり、どっしりと書けました。

行書らしく、厳しい字体になり、うまく書けましたね。

この調子で、がんばりましょう。


1回の閲覧0件のコメント

© 2023 by SATOSHOKAN

  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン