検索
  • 佐藤象寛

ペン字のテキストに掲載されていました尾上紫舟の和歌を、筆ペンで書いてみましたよ!


ペン字のテキストに掲載されていました尾上紫舟の和歌を、筆ペンで書いてみましたよ!

尾上紫舟は、明治から昭和にかけて生きた詩人であり国文学者です。

今回書いた和歌は、以下です。

 「 夜もすがら 竹の嵐に吹かれつつ 朝咲き保つ 庭さくら花 」

今月20日過ぎには、東京でも桜の花が咲くとのこと。

今から待ち遠しいですね。。。


13回の閲覧0件のコメント

© 2023 by SATOSHOKAN

  • Instagram
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン