検索
  • 佐藤象寛

源実朝の和歌「天の原 雲なき宵に 久方の 月冴えわたる 鵲の橋」を書いてみましたよ!


源実朝の和歌「天の原 雲なき宵に 久方の 月冴えわたる 鵲の橋」 を書いてみましたよ!

潤渇を、うまく配置するのが、気をつかいましたが、いい感じになったと思います。


17回の閲覧0件のコメント